スポンサード リンク

カメラワークおかしくない?佐々木希も出演した「アイムホーム」最終話感想と気になる視聴率など

この記事は2分で読めます


テレビ朝日でキムタク初主演となった連ドラ「アイムホーム」。

 

基本的に好調な数字をたたき出しがちな週の中日のテレ朝ゴールデン枠と、天下のキムタク。

これらが合わさったことである程度以上の視聴率が期待されていましたが、結局無難な数字をキープしていました。最終話で爆上げするような作品でも無いと思いますので、おそらく行っても20%がいいところでしょう。

 

今回の「アイムホーム」は全話を通してキムタクの過去に関して大きな謎があり、それを追っていくスタイルになっていました。

 

まあキムタクもいい年なので俳優としてシフトチェンジしていかなければならないのだとは思いますが、今回の、“一話ごとにある程度話をまとめつつ、全体に流れる大きな謎を追う”というスタイルはキムタクには合ってなかったなーと感じました。

 

1話でオチがつくなら、しっかりと「HERO」みたいにわかりやすく、単純に“キムタクかっけー”ができるようなものが合ってると思いますし、

全話通しての作品なら「華麗なる一族」みたいなものが合っていると思います。

 

で、最終話ですが、色々と場当たり的というか、ご都合主義的な印象が強かったです。

散々覚悟を決めて会社と自分の犯した罪を告発したにもかかわらず、放送上およそ5分後にはすっかり無罪放免。

なぜだか家が家事になり、消防隊員が助けられなかった上戸彩をあっさり助けてしまうキムタク。

挙げたらキリがありません。

 

そういえば、なぜか佐々木希さんも出てましたね。

台詞が殆ど無いにもかかわらずあそこまで一気にドラマ全体のクオリティを下げることができるのはある種才能です。

 

それにしても、いくら佐々木希さんが出ているアピールをしなければならないとはいえ、社長室に西田敏行さんが入ってくるときのシーン。

あのカメラワークはさすがに不自然すぎるというか、そこそこ大事なシーンなのに違和感Maxでした。

 

あと、いくら前回でケリがついているとはいえ、水野美紀さんがほとんど登場しないっていうのもどうなの?と思いました。

 

 

作品の全体的な雰囲気として、いまいちパリっとしないドラマでした。

特に特筆すべき点もなく、キムタクドラマの中では今後特に語られることはないように思えます。

 

視聴率もそんなに期待できないでしょう。

キムタクももう終わりかみたいな記事も出るかと思いますが、今回は間違いなく作品が悪いですね。

キムタク人気について結論を出すのは、もう少し待ったほうがよさそうです。

スポンサード リンク

今日は●位???

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツイッターを始めました。フォローしてね!

Error: To protect our users from spam and other malicious activity, this account is temporarily locked. Please log in to https://twitter.com to unlock your account.

ゲーム

ブログランキングに参加中

今日は●位???

コミュニティーとしての影響力

今日の順位は?

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能トレンド情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

楽天おすすめランキング

おすすめカテゴリー記事

カレンダー

2002年1月
    1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Googleカスタム検索エンジン