スポンサード リンク

「デスノート」テレビドラマ版のキャスティングが判明!演技力に定評のある窪田正孝さんとイケメン山崎賢人が起用!!

この記事は2分で読めます


人気漫画で一度実写映画化もされた「デスノート」が、今度はテレビドラマでまたまた実写化されることが話題になっていました。

放送枠は日テレの日曜22時半枠で、今は「ワイルド・ヒーローズ」が放送されている枠ですね。

 

で、実写ドラマ化発表当時はキャスティングは明らかにされていませんでした。

映画版の藤原竜也さんと松山ケンイチさんのコンビを超えるキャスティングができるのか、などと話題を呼んでいましたが、ついに、キャスティングの発表が行われたようです。

 

 

まず、主役の夜神月役に窪田正孝さん。

そして、ライバルのL役に山崎賢人さん。

 

という布陣となりました。

 

まあ、あまりテレビなんかに詳しくない人たちにとっては、

「え・・・誰?」

って感じになりそうなメンツです。

 

しかし、ある程度ドラマなどに詳しい人達にとっては、とくに主演の窪田正孝さんなんかは「ああ、アリかも」と思わされるキャスティングなのです。

 

窪田正孝さんは今のクールで言うと「アルジャーノンに花束を」で山下智久さんの友人役をえ演じており、演技力の乏しいレギュラー陣の中で、唯一にして最強の演技派です。彼の演技力のおかげであのドラマは色々と崩壊せずに済んでいると言って良いレベル。

 

最近の作品でいうと、他には「Nのために」でもかなり影のある役を上手く演じていました。

 

昔から彼は演技力があり、各方面からも評価の高い俳優さんですから、ある種の「怪演」が求められる夜神月というキャラクターを演じるには適任なのかもしれません。

 

 

私が窪田正孝さんに注目したのは堺雅人さん主演の「JOKER 許されざる捜査官」に犯人役で彼が出演していた時です。

 

その時手帳にメモをして写真も貼り付けておきました。それくらいのレベルですげーなと思った記憶があります。

 

 

そんな窪田正孝さんとは対照的に、山崎賢人さんはまずルックスでもってくるタイプの俳優さんですね。

「弱くても勝てます」と「水球ヤンキース」での演技をみる限り、キャラの演じ分けはある程度できるようですが、やっぱりそれでも窪田さんには2枚も3枚も劣ります。

 

夜神月と対等に頭脳戦を繰り広げ、ライバルとして非常に重要なポジションとなる「L」を演じることとなった山崎賢人さん。

 

「L」を演じきるということだけでなく、窪田正孝さんといかに渡り合える演技を見せるかという点も、今作の見どころの一つとなるでしょう。

スポンサード リンク

今日は●位???

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツイッターを始めました。フォローしてね!

Error: To protect our users from spam and other malicious activity, this account is temporarily locked. Please log in to https://twitter.com to unlock your account.

ゲーム

ブログランキングに参加中

今日は●位???

コミュニティーとしての影響力

今日の順位は?

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能トレンド情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

楽天おすすめランキング

おすすめカテゴリー記事

カレンダー

2002年1月
    1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Googleカスタム検索エンジン