スポンサード リンク

パチンコメーカー「奥村遊機」が破産申請!クソ台ばかり作るメーカーは淘汰される時代に!!

この記事は2分で読めます


14日にパチンコメーカー「奥村遊機」が破産申請していたことが、15日の報道で明らかになりました。

 

奥村遊機といえば、「うる星やつら」が最も有名な機種でしょうか。あとは「南国麻雀」や「笑うせえるすまん」など、コアなファンを持つ機種を作っていた印象があります。

あ、あと、「アカギ」や「天」なんかの台も出していましたし、プロ雀士の小島武夫さんを題材にした台を作っていたり麻雀好きなメーカーなんだろうな〜とも思っていました。

 

それなりに特徴的なメーカーだったような気もするんですが、一昔前はまだしも、最近ではかなり客付きが悪かったですね。

 

私の身近なホールでは、「三姫繚乱」はそこそこ稼働が良く、個人的にもそこそこ打ち込んでいました。

とはいえ、無駄に多すぎる擬似連や特殊な大当たりラウンド、役物を排除した巨大液晶など、やっぱり特殊な趣向で一般受けはしにくいんだろうなという感じでした。

 

その後の「怪物くん」が演出もスペックも謎仕様な一発台みたいなもので、あっという間に客が飛び、というかそもそも「怪物くん」の導入台数自体がどのホールも少なく、ここで完全にとどめを刺されたのでしょうね。

 

ネット上では

「ついに奥村が潰れる時代になったか」

「パチ業界も衰退する一方だな」

「逆に、クソ台ばっかり作ってるメーカーはしっかり淘汰されるようになったってことだろ」

「こういうわけわからんメーカーの変な台入れるくらいなら一台でも多く良台を入れたほうがいい」

などの意見が見られました。

 

まあ概ね

「うん、しょうがないよね」

的な空気なようですね。

 

ただ、中には

「南国麻雀の続編はどうなるんだ!!」

との嘆きの声があがっており、公式にアナウンスされていた「南国麻雀」続編への期待感は意外と高かったようです。

 

 

私も個人的には奥村遊機の機種は特に打ちたいと思うものが殆ど無いので(別に三姫繚乱もないなら無いで良い)、他の良台がその分入るならそれでいいと思います。

 

しかしメーカーの破産は台の映像を制作する会社などにも影響を及ぼすわけですから、なかなか難しいところだなあと思いますね。

スポンサード リンク

今日は●位???

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

ツイッターを始めました。フォローしてね!

Error: To protect our users from spam and other malicious activity, this account is temporarily locked. Please log in to https://twitter.com to unlock your account.

ゲーム

ブログランキングに参加中

今日は●位???

コミュニティーとしての影響力

今日の順位は?

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能トレンド情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

楽天おすすめランキング

おすすめカテゴリー記事

カレンダー

2002年1月
    1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Googleカスタム検索エンジン