スポンサード リンク

山Pの演技が酷すぎ!?対して窪田正孝は高評価!「アルジャーノンに花束を」第一話の感想は?

この記事は2分で読めます


先日、番宣動画内で「ハングル」という文字を意図的に映したとしてネット上で袋叩きにあっていたのが記憶に新しい新ドラマ「アルジャーノンに花束を」。

 

以前フジテレビ系でユースケ・サンタマリアさん主演で放送された同名ドラマのリメイクといいますか(局は違うんですが)、そんな感じの作品です。

 

今回の主演はジャニーズの山下智久さん、そして主演の役柄は知的障害者ということで、

「山Pにアルジャーノンは無理だろ」

「ユースケだから成立してた」

と放送前から心配の声が多数あがっていました。

 

それに加え「ハングル」問題。

 

かなりマイナスの状態からスタートしたこのドラマですが、前評判を覆すほどの出来……とはならなかったようです。

 

 

まずやはり山下智久さんの演技が厳しいとの声が多数。

もともと演技の評価は高くない山下さんだけに、

「演技下手だからってこういう役やらせてみようっていう考えが浅はか」

「逆に知的障害者みたいな役のほうが演技力要求されるはずなのになんで……」

と言った内容の意見がバンバン見られます。

 

それ以外にも

「照れが抜けてない」

「なんで俺がこんな役……っていう想いが隠しきれてない」

「酷すぎる、もう一回フジテレビにやらせろ」

など辛辣な意見も多数。

 

 

ストーリー的にはまだ可もなく不可もなく、と言った感じですが、山下さんの演技は確かに酷かったですね。かなり贔屓目にみても庇いきれないほどの酷さ……

 

対して評判が良かったのは山下さんの友人役として登場していた窪田正孝さん。

 

少し前からかなり多くのドラマや映画に出演し、今では引っ張りだこの彼ですが、今作のように演技が下手な人と並ぶと、さらに彼の演技力が際立ちますね。

 

ネット上でも

「これ山下じゃなくて窪田正孝が主演やったほうが良かったんじゃねーの?それだとリアルすぎてキツイのか?」

「窪田くんは毎回毎回違う印象だけどどれも自然で演技力ありすぎだわ」

などのコメントが。

 

 

ちなみに「例のシーン」では、普通に観てるつもりなのに「ハングル」の文字が目に入ってきてしまい、「これがサブリミナルか……!!」とたびたび驚愕していました。

 

 

脚本はまだよくわからない感じで演出はイマイチな感じがしますが、そんなことをぶっ飛ばすほど山下さんの演技が評判悪く、ちょっとこれからが心配になる第一話でした。

 

 

原作にも前作にもネームバリューがあるということと、色々と悪い意味で注目度が高かったということで、それなりの視聴率にはなると思います。

ですがこのままでは……

 

しかし展開次第ではまだギリギリ望みはありそう(とっとと臨床実験して山下さんが天才になっちゃえばいい)なので、2話以降の話の進展に期待しましょう。

スポンサード リンク

今日は●位???

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

ツイッターを始めました。フォローしてね!

Error: To protect our users from spam and other malicious activity, this account is temporarily locked. Please log in to https://twitter.com to unlock your account.

ゲーム

ブログランキングに参加中

今日は●位???

コミュニティーとしての影響力

今日の順位は?

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能トレンド情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

楽天おすすめランキング

おすすめカテゴリー記事

カレンダー

2002年1月
    1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Googleカスタム検索エンジン