スポンサード リンク

速度違反取り締まりを妨害させる「レーダージャマー」開発者が逮捕!!ネット上では意外な展開に!?

この記事は2分で読めます


警察が自動車などの速度違反を取り締まるのに使うレーダー測定器。この機能を妨害する機器を作り、ネット上で販売したとして千葉県の会社員が逮捕されました。

 

容疑者は、この機器に「レーダージャマー」というとてもナウくてハイカラな名前をつけ、ネットオークションで販売。

少しだけ残念な脳みそをお持ちの男性2名が約13000円を払いこれを購入したとされています。

 

容疑者は容疑を否認しているようですが、まあ基本的に色々とナメてますよね。どっからどう見たって違法なものを作って、シレッと当然のようにオークションで販売。しかも13000円という絶妙すぎる価格設定。

 

ネット上でも

「まあそらアカンわ」

「フツーにアウトだろww」

というような声が多数あがっていましたが、ひょんなことから意外な方向へ話が展開していきます。

 

 

まず、

「Hサービスやオービスなどをすべて撤去し、販売車両自体にリミッターを設け、決まった速度以上出せないようにすればそもそも速度超過の違反自体が存在しなくなる」

という意見が飛び出します。

 

まあこの手の意見は、自動車関連の事件が起こると必ず出てくる定番なもので、反論材料はいくらでもあるんです。

 

しかし今回はそこから

「そうしないってことは、あえて取り締まりを行うことで金儲けしようと企んでるからだ」

という、お上への攻撃に変わっていきます。

 

なかなかこういうのは危険思想、というかそもそも「車両にリミッターをつける」という前提条件自体が不適切なものであるのにそこをすっ飛ばしてお上の批判をしようとするあたり、執念すら感じます。

 

もちろんこの意見にはネット上でも反論がしっかりあり、この論理が破綻していることはズバズバと指摘される展開になっていました。

 

しかし最後に

「警察の取り締まりがお金目的なのは昔からなのに今さら何をゴチャゴチャ言ってんだ」

的な文言を残す意見が目立ったのが気になります。

 

 

 

警察による取り締まりが金儲けのためだなんて、そんなわけないじゃないですか。

小さない違反でも見逃さず取り締まることで治安の悪化を防ぎ、国民の住みやすい街をつくるために決まってるじゃないですかやだなあまったく!プンスカプンスカ!!

スポンサード リンク

今日は●位???

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

ツイッターを始めました。フォローしてね!

Error: To protect our users from spam and other malicious activity, this account is temporarily locked. Please log in to https://twitter.com to unlock your account.

ゲーム

ブログランキングに参加中

今日は●位???

コミュニティーとしての影響力

今日の順位は?

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能トレンド情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

楽天おすすめランキング

おすすめカテゴリー記事

カレンダー

2002年1月
    1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Googleカスタム検索エンジン