スポンサード リンク

初回低視聴率で話題の「美しき罠〜残花繚乱〜」最新第七話の感想

この記事は2分で読めます


第一話の視聴率で6%を叩き出すという低視聴率ぶりで早速話題になっていた木曜21時TBS枠の連ドラ「美しき罠〜残花繚乱〜」。

 

放送を見ながら「あれ?今何時だっけ?」とつい時計を確認してしまうほど昼ドラチックなドロドロ展開が続き、やはり昼ドラ風ということは登場人物が皆おしなべてクズなわけです。

 

主人公からして、自分の会社の社長と不倫していたというクズっぷりですし、その友人もクズで主人公の婚約者ももちろんクズです。不倫相手の社長なんてもちろんクズなわけで、このドラマで悪役風に描かれている、社長の正妻こそが最もクズから遠い人間だったりするなかなかハイセンスなドラマでもあります。

 

今週の第七話では、主人公である田中麗奈さんと元不倫相手の妻、若村麻由美さんが上っ面を脱ぎ捨てて対峙するということで注目を集めていました。

 

 

このドラマは視聴者に優しすぎるくらい説明的な演出が多く、それが逆に面白かったりして、じっくり一人で視聴するというよりも家で誰かと笑いながら見たり、ネット上で実況しながら見るのが適している作品です。

いずれにせよ、ツッコミを入れながら見るのが正しい楽しみ方だと思うのです。

 

 

しかしながら、特にツイッター上などでは内容に関してまじめにツイートしている人が非常に多かった印象があります。

 

例えば、

「父親の不倫相手が初恋の人の婚約者だなんて頭がおかしくなると思う」

などといったつぶやきや、

「不倫なんて仕方ないから結婚したなら割り切るべきだ」

などの内容を見かけました。

 

 

まあ今回は、父親が浮気していたことが高校生の子供にバレてしまったり、不倫相手と正妻の対峙など、それなりに重い内容が含まれていたので仕方ないのかもしれません。

 

 

にしても、そんなに真面目にこのドラマに向き合ってしまうと、面白さは半減です。

ある意味ベタの集大成であるこのドラマは、過度にツッコミを入れつつ見るともっと楽しめるでしょう。

 

おそらくそのおかげで初回6%だった視聴率が6話にして7.5%まで上がってきたのだと思います。

 

 

それなりに話に進展のあった7話がどれほどの視聴率を獲得したのか、期待です。

スポンサード リンク

今日は●位???

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

ツイッターを始めました。フォローしてね!

Error: To protect our users from spam and other malicious activity, this account is temporarily locked. Please log in to https://twitter.com to unlock your account.

ゲーム

ブログランキングに参加中

今日は●位???

コミュニティーとしての影響力

今日の順位は?

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能トレンド情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

楽天おすすめランキング

おすすめカテゴリー記事

カレンダー

2002年1月
    1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Googleカスタム検索エンジン