スポンサード リンク

借りた金は返せや!ミナミの帝王でも出てきた奨学金破産がヤバい

この記事は2分で読めます


1日放送の「行列のできる法律相談所」で最後の方にチラッと取り上げられていた「奨学金破産」というワードが話題になっています。

今回の行列は、奇声を発しクレイジーな行動を繰り返す金田朋子という声優と、それに冷静にツッコミを入れる夫というインパクト抜群な人達が登場。さらに森泉さんの妹である森星さんが登場するなど、なかなか盛りだくさんの内容でした。

当然、金田朋子さんや森星さんらの名前は放送直後からネット上で話題となるわけですが、その中に食い込んできたのが「奨学金破産」という言葉です。

 

これはまあ簡単に言えば、軽い気持ちで奨学金を借りたものの、いざとなるとどうにも返すことができず、破産に追いやられてしまうというものです。

 

 

この言葉ですが、ゴラク読者ならピンときたことと思いますが、つい最近「ミナミの帝王」でテーマとして取り上げられていたものです。

 

奨学金を借りて大学を出るも正社員の職に就くことができず、バイトで生計を立てていた男女が結婚。二人分の生活費と奨学金の返済だけで収入はほぼ消えてしまうため一生二人だけで生きていくことを決めるが、子供ができてしまい堕ろすことができず結局出産、奨学金の返済は滞り、日本学生支援機構を彷彿とさせる団体からの取り立てによりブラックリスト入りまでしてしまうという話でした。

かなり端的に奨学金制度の恐ろしさを感じることができるエピソードで面白かったので読んでみることをおすすめします。

 

 

まあこのように制度自体の問題点が指摘されているわけですが、「行列〜」でも弁護士さんが言ってましたが、返済の義務がない公的な奨学金制度を作るべきだととかいう話があるらしいんですね。

 

それ自体はいいことだとなんでしょうが、その制度が仮に施行されるとすると、やっぱり奨学金の返済で死にそうになっている人は思うはずなんです。

 

「私たちはこんなに苦しんで返済しているのに、あのクソガキどもは返さなくていいわけ?おかしくない?」

と、こうなるはずです。

 

いきなり「返済義務なし」というのはそういう意味で無理ですね。

 

やはり

「いま返済中の人もこれから借りる人も、借入額の70%までは返済義務あり」

などと段階を経ていく必要がありますね。

 

番組内でちょっと触れただけなのにネット上でのリアクションが多かったことを考えると、かなり多くの人が奨学金破産というものに対し心当たりがあるからだと思うのです。

 

もともとあまり議題にならなかった奨学金問題なだけに偉い人達も対応が遅れがちになっているのでしょうが、なかなかデリケートな問題のはずです。今後は世の中の情勢に合わせて柔軟な対応をしていって欲しいと思います。

スポンサード リンク

今日は●位???

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

ツイッターを始めました。フォローしてね!

Error: To protect our users from spam and other malicious activity, this account is temporarily locked. Please log in to https://twitter.com to unlock your account.

ゲーム

ブログランキングに参加中

今日は●位???

コミュニティーとしての影響力

今日の順位は?

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能トレンド情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

楽天おすすめランキング

おすすめカテゴリー記事

カレンダー

2002年1月
    1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Googleカスタム検索エンジン